読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX初心者向けまとめ解説(株式投資もあるよ)

FX初心者向けに投資情報を分かり易くまとめて解説しています。FX口座に対するレビューや通貨毎の特徴もまとめてありFX入門者にも使いやすいサイトを目指します。株式投資情報もあるので幅広い投資知識を提供します。

「JPX 日経イ ンデックス 400」について



遺産でしか評価されない人の価値って・・・(世界の株式インデックスのバリュエーションについて) - 株式、FXのまとめ解説

で、「JPX 日経イ ンデックス 400」についてエントリー書きました。

ちょっと書ききれなかったことを追加します。

日本経済新聞社と、日本取引所グループ、東京証券取引所は6日、共同で新たな株価指数を開発したと発表した。新指数の名称は「JPX日経インデックス400(略称はJPX日経400)」で、東証に上場する全3400銘柄の中から企業の資本効率を示す自己資本利益率(ROE)などを使って投資家にとって投資魅力の高い400銘柄を選定。財務や経営が優れた日本株市場のけん引役となる銘柄の値動きを算出・公表していく。

 このインデックスはROE(自己資本利益率)に基づいて選定され、それって良いことだと思うということを前回書きました。

まず前回、ちょっと説明不足かなって思った部分を補足します。

 

「JPX 日経イ ンデックス 400」が作られると

1.これに連動するインデックスファンドができる

2.そのインデックスファンドに投資したい年金基金などの資金が流入する

3.年金基金は、「JPX 日経イ ンデックス 400」型インデックスファンドに投資するために、既存のインデックスファンド(TOPIX型等)を手放す。

 

ということが、起こります。2.3はセットなのですが、これって形を変えた、TOPIXに寄与度の高い(インデックスに多く含まれている)企業から、「JPX 日経イ ンデックス 400」に寄与度が高い企業への資金シフトになります。

ちなみにTOPIXに寄与度が高い企業とは(浮動株調整後の)時価総額の大きい企業、「JPX 日経イ ンデックス 400」に寄与度が高い企業とはROEが高い企業になります。

すごいざっくり言えば、大きな企業から、効率的な企業への資金シフトが起きますってのが前回書きたかったことです。

※すみません、今読み返してたら分かりにくかったので補足しました。

 

ただ「JPX 日経イ ンデックス 400」への不満も

この指数、ROEが高い企業にフォーカスってところに注目されてますが、それ以外にも選定基準が有り、その中に、時価総額が大きい、というのが実は入っています。

ROEのみにフォーカスしちゃうと、小さな企業ばかりになって、現実的にインデックスファンドを運用する際の制約(コスト高)になるので、こうした基準も設けています。

でも、その時価総額を比較的重く考慮してしまっているために、実はこの指数、構成銘柄やウエートがTOPIX500に結構似てしまっています。本当はもっととんがった指数にしてもらいたいものですが、インデックスを作るということは、後にアセットマネジメント会社がそのインデックスに連動するファンドを組成するとこと切り離せないので、こうゆう形になりました。

まあ、あまりトンガってはいないですが、一応ROE重視なので、暖かい気持ちで見守っておきます。