FX初心者向けまとめ解説(株式投資もあるよ)

FX初心者向けに投資情報を分かり易くまとめて解説しています。FX口座に対するレビューや通貨毎の特徴もまとめてありFX入門者にも使いやすいサイトを目指します。株式投資情報もあるので幅広い投資知識を提供します。

逆日歩がついた銘柄を信用買い? 「株主優待銘柄」で活躍するかも


2月26日 登録

質問を頂きました

先日このような記事を書きました。

ETFの空売りはよく考えてね。逆日歩がつきやすい理由を説明します - 株式、FXのまとめ解説

内容は、ETFって逆日歩つきやすいけど、これって空売り対象株式の貸し手が保有してないからなんだよね~って感じなのですが

株を貸して欲しい(空売りしたい)ってニーズに備えるため、証券金融会社ではあらかじめ株を貸してくれる機関投資家を確保しています(その他の調達先として信用買いで買っている個人投資の保有分などがある)。

 

しかし、空売りが増えすぎると、すでに確保している株式だけでは足らなくなります。

 

そのため、株式の追加的な調達を行うために、機関投資家に通常よりも高い料金を提示することで、株を借りることになります。

 

この分のコストが逆日歩になるイメージですね。

 引用したような箇所があります。この太字部分に対してだと思うのですが、

id:suzuki_kuzilla さん より

じゃあ信用買いしておくと、日歩がもらえるの?

との質問を頂戴しました。

こちらで返信させて頂きます。

 

(日歩ではないのですが)信用買いを行うと逆日歩がもらえます

空売りが増えて、貸株が足らなくなった銘柄を信用買いを行うと「逆日歩」がもらえます。

信用売り(空売り)→逆日歩を支払う

信用買い→逆日歩を受け取る

ってことです。

なお、貸借取引においては、「日歩」とは、お金を借りるときの利息を指します(逆日歩の対義語ではないってことですね)。

そのため、「日歩」は、信用買いをする側のコストになります。

 

 

ここで終わりなのですが、ちょっとだけ付加価値つけることを目指して

信用買いで逆日歩もらうことを目指すなら優待銘柄が狙い目かも

リスキーなのでおすすめしませんが、信用買いで逆日歩を取りを狙うなら優待銘柄が候補になるでしょう。

株主優待銘柄は、権利確定日をまたいで株式を保有していると、株主優待をもらえます(あたりまえ)。

でも、権利確定日を挟むことで、株価は配当(優待)落ちで多くの場合、下落することになります。

その株価下落をヘッジするために、空売りを絡ませて、両建て状態にすることで「優待ただ取り」なる投資方法があります。

でも、多くの人が同様の投資行動をとるせいで、こうした銘柄には頻繁に逆日歩が発生します。

なので、優待銘柄の空売りが膨らむのを確認した後、信用買いで「優待ただ取り」を狙った「逆日歩もらい」を目指すっていう投資手法があります。

 

まあ権利落ち後の反動安と、もらえる逆日歩のどっちが大きいかって勝負ですけどね。