FX初心者向けまとめ解説(株式投資もあるよ)

FX初心者向けに投資情報を分かり易くまとめて解説しています。FX口座に対するレビューや通貨毎の特徴もまとめてありFX入門者にも使いやすいサイトを目指します。株式投資情報もあるので幅広い投資知識を提供します。

(配当重視)「ダウの犬」日本版のパフォーマンスはやっぱり良好だった(途中経過)


2月26日 登録

ダウの犬(日本版)の途中経過

配当利回りを重視した投資法として、以前「ダウの犬」を紹介し、その日本版を作ってみました。その後、約2ヶ月経過しましたので、今回はその途中経過をご報告いたします(topixをベンチマークとする)。

なお、ダウの犬とは、

それは、NYダウ指数構成銘柄30銘柄のうち、

・上位10銘柄を配当利回りの高い順に買う

・投下金額は等金額

 という配当利回りのみに注目した投資方法です。

 

前回のポートフォリオ作成時(2014/1/10)のTOPIX1,298ポイント(記事は1/14)。本日(2014/3/17)のTOPIXは1,154ポイントですので、ベンチマーク(インデックス)のパフォーマンスは▲11.1%と非常に荒れた期間でした。

 

前回作成した3つの「ダウの犬」日本版

前回、TOPIX30、TOPIX100、日経平均株価の3つのインデックスを基準に「ダウの犬」日本版ポートフォリオを作りました。

それぞれ以下に並べます。

TOPIXコア30ベース

f:id:ikahonokaho:20140317210455p:plain

 

TOPIX100ベース

f:id:ikahonokaho:20140317211001p:plain

 

日経平均株価ベース

f:id:ikahonokaho:20140317211059p:plain

TOPIXのパフォーマンスが▲11.1%とマーケット環境悪かったので、それぞれのリターンは、

TOPIX30ベース:▲6.0%

TOPIX100ベース:▲6.9%

日経平均株価ベース:▲6.9%

といった結果になるのは仕方のないところでしょう。

 

注目して頂きたいのは、一番左の列の「対インデックス」リターンで

TOPIX30ベース:5.1%

TOPIX100ベース:4.2%

日経平均株価ベース:4.2%

とTOPIXを大幅に上回っています。

 

インデックスをこれだけ上回ることの価値は、投資をする人ならわかってもらえるかと思います(しない人でもわかると思いますが)。

 

たったの2ヶ月しかモニタリング期間がありませんが、

今のところ「ダウの犬」日本版は結構役に立ちそうですね。

注意すべきは、下落相場だったため、配当利回りの高い銘柄の相対的なパフォーマンスが良好に出やすい期間だった、という面があったかも知れません。

配当利回りという実質的な(わかりやすい)価値がある銘柄は、マーケット下落時には強い傾向があることは知られています。

 

とりあえずはうまくいってますが、今後もモニタリングを継続して、またご報告させて頂きます♪