読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX初心者向けまとめ解説(株式投資もあるよ)

FX初心者向けに投資情報を分かり易くまとめて解説しています。FX口座に対するレビューや通貨毎の特徴もまとめてありFX入門者にも使いやすいサイトを目指します。株式投資情報もあるので幅広い投資知識を提供します。

「スワップポイントが多くもらえる日」を利用したアノマリー的トレード手法

FX FX-手法


スワップポイントを活かしたトレード

FXにはスワップポイント(金利)と呼ばれる金利収入があります。今回はこれを活かしたFXのトレード戦略をご紹介します。

スワップポイントはいつもらえるのか

スワップポイントとは何かについて知らない方は、下の記事を読んでいただけると分かり易いと思います。

 


スワップポイントを一言で説明するなら金利(2通貨間の金利差に基づく調整金利)ですが、高金利通貨を買い持ちすればもらえる金利って簡単に説明しておきます。

このスワップポイントは毎日もらえるわけですが、具体的に何時にもらえるのでしょうか?

 

その答えは、1日のマーケットの終了までポジションを持っていればもらえる、ということになります。と言っても為替は世界中で、かつ24時間取引せれているものです。日本時間だけ考えれば、1日の区切りは0時(24時)ですが、そんなに単純ではありません。

 

為替市場における一日とは、アジア時間から始まって、ニューヨークが一日のマーケットの終わりまでになります。

なので、スワップポイントを受け取るには、ニューヨーク市場が閉まる(NYクローズ)まで持っていれば良いということになります。

FXの1日の流れについては、以下の記事を参考にしてください。


下の表を見てもらいたいのですが、ニューヨーク市場が閉まるのは、日本時間の朝7時(夏時間の場合は)になります。

世界のFX市場の取引時間

そのため、毎朝7時に高金利通貨を買い持ちにしているとスワップポイントがもらえることになります。

スワップポイントが多くもらえる日

スワップポイントは金利(差)なので毎日もらえます。当然、土曜日、日曜日、祝日ももらえます。休日でも金利は発生しますからね。

しかし、基本的に土日は為替市場は閉まっています。そのため、土日を挟む場合、スワップポイントは3日分もらえることになり、普段の3倍となります。

 

土日を挟むというと、金曜日の終わり(土曜日の朝7時)までにポジションを取れば良いように思えますが、そうではありません。

為替の取引には、その他の金融商品と同じように、受渡日が設定されているからです。

為替の受け渡し日に関する説明

 上の図のようなイメージです。

FXの受け渡し日については下の記事をご参照下さい。

為替の受け渡しには2営業日必要なので、土日分のスワップ金利を受け取る状況を作るには、水曜日(木曜の早朝7時)までにポジションを作る必要があります。

f:id:ikahonokaho:20161006025947p:plain

金曜日の終わりまでにポジションを持っている状況にするには、上の図のようなイメージです。

 

水曜のスワップ効果 (アノマリー)

高金利通貨買いの弱点は、為替レートが動いて損をしてしまうことです。

しかし水曜日にポジションを取れば、土日分のスワップポイントがもらえます。ということは、土日分のスワップポイントって価格変動のリスクをあまり取らず(1日分のリスクはある)金利だけもらえるのでお得ですよね。

 

そう考える人が結構いるので、高金利通貨は水曜日のNYクローズ(木曜朝)にかけて、上昇しやすい傾向があります。

理論的には裁定が働くので、こうしたチャンスはないはずなのですが、金融市場では人間のゆがんだ行動が生み出すアノマリーって結構あって、水曜日の高金利通貨スワップ効果もこうしたアノマリーの一つとみられます。

夜更かしできる人は、狙ってみるのもよいでしょう。

 

それと、今回述べた水曜日効果を知っていれば、高金利通貨を買い持ちしていて、そろそろポジションを閉じようかって時に水曜日はやめてみようかなって判断にもつながるかと思います。土日分のスワップ金利を捨てることになるので。

仮に短期売買で積極的に利用しなくても、判断材料の一つとして活用できる場面は多いかと思いますので、為替の受け渡し日とスワップ金利の関係はぜひ押さえておきましょう。