読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX初心者向けまとめ解説(株式投資もあるよ)

FX初心者向けに投資情報を分かり易くまとめて解説しています。FX口座に対するレビューや通貨毎の特徴もまとめてありFX入門者にも使いやすいサイトを目指します。株式投資情報もあるので幅広い投資知識を提供します。

PS4発売延期 裏の理由は?欧米市場での在庫切れはPS4の致命傷に。



ソニー・コンピュータエンタテインメントが「SCEJA Press Conference 2013」にて9月9日に新型ゲーム機PlayStation4(PS4)の発売を発表しました。

 

国内発売日は2014年2月22日、価格は39,980円(税別)。

 

価格は従来予想されていた通りでしたが、発売日は主要市場である欧米各国(2013年11月)に比べ遅くなっています

 

なぜ、欧米市場を優先?

 原因は、日本市場向けのタイトル不足、とされていますが、一部の株式市場関係者では違った見方が出ています。

それは、海外市場では予約が200万台を超えるなど好調な海外市場に在庫を多く回すため、というもの。

 

マルチプラットフォーム化により、在庫切れは致命傷

欧米市場では、2013年11 月22 日(国内は2014年)マイクロソフトのXbox Oneが発売予定で、PS4との競争が激化すると予想されます。

現在は、多くの有力ソフトがPS4、Xbox One双方のプラットフォームで発売されるるマルチプラットフォーム化が進んでいます。そのため、消費者は、遊びたいゲームがあれば、ハード(ゲーム機)は何でもよい、といった状況です。そのため、在庫切れを犯せば、消費者はそのゲーム機を買うことはありません

 

ソニーの戦略は、こうした状況に備えた、激戦の欧州市場に戦略を集中させた、在庫集中投入戦略ではないか?、というのは、あながちうがった見方とは言えないでしょう。

 

なお、今回「PSVITA TV」が突然発表されました。テレビに接続するセットトップボックスで、機能などは大きく違うものの、Apple TVを意識した商品とも取れます。

 

エクスペリアシリーズの伸長など、平井社長に代わってから、徐々に商品力を取り戻しつつあるように見えるソニー。日本の代表企業として頑張っていただきたいです。

 

 関連記事

東京ゲームショウ前夜 ゲーム株の注目点をまとめ

これを知らずにソニー株式に投資できない。PS4、PSVitaの現在地をまとめ