読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX初心者向けまとめ解説(株式投資もあるよ)

FX初心者向けに投資情報を分かり易くまとめて解説しています。FX口座に対するレビューや通貨毎の特徴もまとめてありFX入門者にも使いやすいサイトを目指します。株式投資情報もあるので幅広い投資知識を提供します。

海外業者のFX口座のメリットとデメリット。追証が無いのは良いです

FX FX-FX口座比較


海外FX口座のまとめ

海外のFX業者は日本の規制の監督外にあります。そのため、日本では提供できないサービスが受けられるなどのメリットがある反面、緩い規制やそもそも無登録業者が普通に営業しているなどのデメリットもあります。

海外FX口座のメリットとデメリットをまとめます。

海外FX業者のデメリット

出金トラブルが多い

海外FX業者が絡んだトラブルと言ったら、まずこの出金がらみのトラブルが連想されます。

この出金トラブルというのは、お金を引き出したいときにFX業者が出金に応じないことです。

出金できない限り、いくら利益を稼いでもまったく意味がないので、これは最悪クラスのトラブルでしょう。

出金トラブルを引き起こす無登録業者

FX業者は金融庁への登録が必要です。これは、日本人(正確には日本の居住者)を相手にFX証拠金取引業を営むなら、海外のFX業者であろうと同様です。

しかし、実際には金融庁に登録していない業者が、日本人を相手に事業を行っているケースがあります。

そうした無登録FX業者は、日本の法律を無視している段階ですでに高リスクなわけですが、さらに日本の悪質な自動売買システム販売業者と提携して詐欺的行為を行っているから要注意です。

自動売買で数字だけ買ったことにして、追加の入金を誘って、出金には決して応じない、というトラブルが国民生活センターには多数寄せられているようです。

海外FX業者のトラブル

 

儲かってるのに出金できない!?海外FX取引をめぐるトラブルにご注意−自動売買ソフト等を購入させ、海外FX取引に誘う手口−(発表情報)_国民生活センター

100%の信託保全がなされていない場合がある

日本のFX業者は、基本的に100%信託保全がなされていて、顧客の資産は分別管理されています。これは、日本の法律(金融商品取引法)が信託保全を求めているからで、日本の法律に規制されない海外FX業者は完全には信託保全を行っていないケースがあります。 

海外送金が面倒

日本のFX業者やネット証券は金融サービスが非常に発達していて、入出金に手数料は基本的にかかりません。また、入金はリアルタイムに認識して、すぐに売買余力に反映します。 

 

しかし、海外FX業者ではこうはいきません。

まず、海外のFX業者は日本ほどシステム投資をしていない会社がほとんどなどで、システム基盤がぜい弱です。日本はITが弱い、みたいに言われることも多いですが、FX証拠金業者やネット証券に限れば世界でもこれほど進んでいる国はありませんし、IT投資してきた金額も多額なのです。

 

また、本質的に海外のFX会社にお金を送金するいうのは、海外送金をするということなので、コルレスバンクを経由する必要があったりといろいろ面倒なのです。

海外に送金するってことは、通常の海外送金手数料以外にもリフティングチャージ(海外にお金を持ち運ぶ料金)もかかるので、手数料もかさみます。

税金上の取り扱いが若干不利

必ずしも海外FX業者の方が、税務上不利なわけではないのですが、ふりになることが多いのでデメリットと考えています。

国内FX業者の場合は一律で約20%の税金がかけられる(申告分離課税)のですが、海外FX業者の場合は他の所得と合算して課税されます。

海外FX業者と業者と国内FX業者の業者の税金業者の税金比較表

一定の収入がある人には負担増になることが多いです。

 


金融当局に登録していない要注意業者

日本の居住者を相手にFX事業を営むには金融庁への登録が必要です。

金融庁ではHP上で無登録なのに日本人向けに営業している海外FX業者を定期的に公表しています。 

無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について : 金融庁

定期的にアップデートされているので、海外FX業者で口座を開こうと思ったら確認したほうが良いでしょう。

 

 

海外FX業者のメリット

高いレバレッジ

日本の法律ではFX証拠金取引のレバレッジは最大25倍に制限されています。50万円入金して、1,025万円の取引ができるってことですね。

このレバレッジはかつては最大400倍まで可能だったのですが、これが2010年から50倍に、 2011年からは現行の25倍まで引き下げられました。

これはレバレッジ競争の過熱を警戒してのものです。

 

一方で海外のFX業者は、日本のレバレッジ規制の影響を受けておらず、現在でも400倍から888倍の高レバレッジを提供しています。

 

高すぎるレバレッジはもろ刃の剣でメリットばかりとも言えない部分はあります。しかし、高レバレッジを提供されても必要ない場合は使わなければよいだけなので、通常は選択肢がある分メリットと考えて良いでしょう。

透明性が高いインターバンク直結価格

海外のFX業者は、顧客の注文をそのまま為替取引の中心地であるインターバンクに流す仕組みを採用しています。

これをNDD(No dealing desk)方式と呼びます。

この方式は、日本のFX業者が採用しているDD(Dealing desk)方式と比べ、スプレッドは広くなりがちですが、価格に信頼性があるとされ好む人も多いです。

 

入金ボーナスの存在

 海外FX業者の人気の一つが豊富な入金ボーナスです。日本のFX業者も口座開設や初回入金に対して1~2万円程度のキャッシュバック・キャンペーンを行っていますが、海外FX業者は額がすごい。

海外FX業者のXMは、初回入金に2倍のボーナスを付与しています。

100万円入金したら、証拠金が200万円になるわけですね。

 

ただし、この入金ボーナスは引き出すことが出来ないので要注意です。

入金して、ボーナスをもらって、出金、みたいな裏技はできないってことですね、当たり前ですが。

 

なお、この入金ボーナスが引き出せないという点は、あまり理解されていないケースが多く、出金トラブルと間違われがちです。

入金元本分や利益分を引き出せないのは出金トラブルですが、入金ボーナスはそもそも引き出すためにあるわけではなくて取引に使ってもらうためにあるので、引き出せないのは当たり前。

でも、悪質海外FX業者が実際に出金トラブルを引き起こしているだけに、優良(というか通常)業者までも誤解されやすい環境にあるわけですね。

 

追証が必要ない

わたしが考える海外FX業者の最大のメリットは、この追証がいらないゼロカットシステムを採用していること。

日本のFX業者だと、相場が急激に変動してロスカットが間に合わない場合は、証拠金がマイナスになる可能性があります。

しかし、海外のFX業者はゼロカットというシステムを採用している業者があります。このゼロカットとは、FX業者が責任をもってロスカットしてくれるってこと。

為替相場の急激な変動でロスカットが間に合わなかったとしても、口座がマイナスになることはなくて、ゼロ円以下にはなりません。

海外FX口座は大きなレバレッジがかけられる仕組みなので、口座がマイナスにならないのは良いですね。 

 

FX取引のロスカットというのは、為替市場が急激に動く際には、本質的に間に合わないものです。為替市場の流動性には(他の金融市場に勝るものの)限界があります。

そのため、ロスカットの注文を入れていたり、業者がロスカットラインを設定したとしても、それを大幅に割り込んだ値段でしか、ロスカットできない事態は発生する可能性があります。

めったにない事象ですが、スイスフランショックの時はまさにそうでした。

 

このとき、海外のFX業者はゼロカットを採用していたため、倒産した業者が出ました。

日本のFX業者のように、顧客の口座がマイナスになったらその分、顧客に請求できればFX業者は倒産しにくいわけですが、マイナス分を自社でかぶらないシステムを採用していたので倒産してしまったわけですね。

裏を返せば、海外FX業者の顧客は、口座がマイナスになるくらいの損害を出したのに、ゼロ円になっただけで済んだってことなので、経済的なメリットは計り知れません。

 

万が一の事態というのは起こりうるので、ゼロカット制度がある海外FX業者は利用価値があると考えています。

 

自動売買が使いやすい

MT4などを利用した自動売買を行う場合は、海外FX業者は使いやすいです。

それは、スキャルピング的な超短期モデルを使う場合、高いレバレッジをかけられた方が、資金効率が良いからです。

主要な海外FX業者一覧

XM(Trading Point of Financial Instruments Ltd.)

日本人が一番使っているFX業者。

最大レバレッジは888倍、インターバンク直結のNDD方式を採用。

約定力が高いと言われ、リクオート(Requote、注文執行エラー)なしです。

海外FX業者は国内業者よりスプレッドは広めですが、XM Zero口座にすれば低スプレッドで取引でします。

日本人が使いやすいように配慮されているFX業者で、無料日本語ウェブセミナーなど初心者でも利用可能になっています。

 

 

Pivot Markets(Pivot Markets International Inc.)

Pivot Marketsは電子的に顧客注文をすべてインターバンクに流すSTP方式と呼ばれる注文形態をとっています。STPとはNDDの一種で透明性が高い取引価格を提供可能です。入出金サービスに強みがあり、10,000ドル以下ならAPI接続によって自動的に入出金を反映してくれます。ここも日本人スタッフが常駐しています。

最大レバレッジは500倍。

 

Traders Trust(TTCM Traders Trust Capital Markets Limited)

Traders Trustは約定力に強みがあると言われています。約定スピードは40ミリ秒で99%の顧客の注文を執行します。最大レバレッジは500倍。