読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FX初心者向けまとめ解説(株式投資もあるよ)

FX初心者向けに投資情報を分かり易くまとめて解説しています。FX口座に対するレビューや通貨毎の特徴もまとめてありFX入門者にも使いやすいサイトを目指します。株式投資情報もあるので幅広い投資知識を提供します。

株式市場の不思議な法則(アノマリー)



アノマリーってご存じですか?

アノマリーとは、理由はよくわからないものの、なぜかその通りなることが多い、という法則のことです。言い換えれば、実際の収益率が、理論上の予想値(期待収益率)よりも乖離する傾向(パターン)のことってなります。

(好き嫌いは別として)株式市場では広く話題にされているため、ちょっと書いてみます。今回は1月ということもあり、カレンダーに関わるアノマリーについてまとめます。

 f:id:ikahonokaho:20131211122816p:plain

1月効果

アノマリーといえばこれです。例年、この時期になると 必ず話題になります。

ただ、一月効果といってもいろいろあり、

 

①1月の株価の動きに併せて、年間の株価の動きが決まる(1月に株価が上がれば年間もプラス。下がればマイナス)

②1月のリターンが他の月に比べて高くなる

③3小型株のリターンがよくなる(小型株効果)

④低 PBR 銘柄のリターンがよくなる(低PBR効果)

などがよく話題にされます。

 

特に①が異彩を放ってますねw

ただ、検証結果を見たことがあるのですが、昔はなぜか当てはまってましたw(ここ10数年はあんまり当てはまってなかったです)

 

新年度相場

新年度のリターンがよくなること。

一応、新年度にはいってニューマネーがマーケットに流入するから、みたいな解説がなされます。

 

夏枯れ相場

7~9月のリターンが悪くなること。

マーケットも夏バテ、ですね。

 

株は5月に売れ(Sell in May and Go away)

これは一番有名な気がします。上記のアノマリーを組み合わせると、自然とこの結論になりそうです。

 

曜日効果(週末効果 Day of the week effect)

金曜日のリターンが他の曜日に比べて高く,月曜日のリターンは他の曜日に比べて低い傾向のことです。

ただ、実証研究によると、日本では火曜日のリターンが低いことも結構有名。

 

グアムの法則

日本人のグアム訪問者数が増えると株価が上昇し、グアム訪問者が減ると株価が下がる傾向があるとのこと。

おそらく、為替市場が関係しているのでしょうね。

円安局面では、海外旅行客も増える。株式市場も(円安なので)上昇しやすい。

円高局面では、海外旅行客は減る。株式市場も(円高なので)下落しやすい。

ってことかなっと。